TOP > 2008 Rally JAPAN

2008 Rally JAPAN

OVERVIEW

今年、私達はグループN最高峰の選手権であるプロダクションカー世界選手権に挑み、世界各国の強豪達を相手に見事5位という成績を残すことができました。2004年からラリージャパンに参戦し、1年ごとに常にステップアップを目指したチーム努力の結晶の賜物と思っております。また、参戦にあたりご協力いただいたスポンサー様、ご声援をいただきました皆様のお陰であることは言うまでもありません。この場をお借りして改めて御礼申し上げます。

今年、戦いの場を札幌近郊に移したラリージャパンですが、世界初となるドーム内でのスーパースペシャルステージでは、寺岡オートドアラリーチームの鎌田/加勢組の走りに多くのファンの方から賞賛のお声をいただきました。その様子はテレビの生放送でご覧になられた方も多いかと存じます。また、観客席に寺岡オートドアラリーチームの帽子をかぶっておられた方が会場内に多数いらしゃったことにも感動の念を禁じえません。

この戦いにおいて、私達は全ての力を出し切り、そして最高の結果を得たと自負しております。皆様のご声援、本当にありがとうございました。

寺岡オートドアラリーチーム総合監督
小泉 達雄

HISTORY

2004年ラリージャパン
#69 小泉/石原 インプレッサWRX STi
#95 伊藤/桑村 インプレッサWRX STi
2005年ラリージャパン
#111 小泉/三上 インプレッサWRX STi
#120 山田/坂根 ランサーEVO VI
2006年ラリージャパン
#89 スタンピー/ギャリー インプレッサWRX STi
#105 南野/ポールアンソニー ランサーEVO VIII
2007年ラリージャパン
#64 メイソン/ランドール インプレッサWRX STi
#94 山田/吉持 ランサーEVO VI
#96 吉岡/草加 インプレッサWRX STi

DRIVER & STAFF

CREW

Driver:Takuma Kamada(鎌田 卓麻)  http://www.kamadatakuma.com/

スバルのオフィシャルドライバー。22才から海外ラリーに参戦。 ラリージャパンには2004年から連続で出場し、好成績を収めている。

【プロフィール】
生年月日
1974年6月21日
出身地
北海道
血液型
B型
趣味
ラジコン

【ラリー戦歴】

1997
テインスポーツジュニアチームからマレーシア国内選手権に参戦
シリーズランキング2位
1998
テインスポーツジュニアチームからマレーシア国内選手権に参戦
シリーズランキング8位
1999
テインスポーツから世界ラリー選手権に参戦
2000
カマタスポーツより全日本ラリー選手権に参戦 シリーズ12位
2001
カマタスポーツより全日本ラリー選手権に参戦 シリーズ 8位
2002
カマタスポーツより全日本ラリー選手権に参戦 シリーズ10位
2003
東京スバルラリーチームより全日本ラリー選手権に参戦
APRC・ラリー北海道にスポット参戦
総合4位、Gr-N 3位 日本人チーム最高位ナショナルアワードを受賞
2004
東京スバルラリーチームより全日本ラリー選手権に参戦 シリーズ6位
世界ラリー選手権ラリージャパンにスポット参戦 総合10位、クラス2位
2005
東京スバルラリーチームより全日本ラリー選手権に出場
優勝2回 シリーズ2位
2006
スバルチームクオシスよりプロダクションカー世界ラリー選手権(PWRC)に参戦 TEAM THE ENGINEよりアジア・パシフィックラリー選手権(APRC)ラリー北海道に出場 総合2位 スバルラリーチームチャイナで中国ラリー選手権に参戦
2007
スバルラリーチームインターナショナルよりプロダクションカー世界ラリー選手権(PWRC)に参戦 ラリージャパンでPWRC3位入賞
2008
スバルチームアライよりアジア・パシフィックラリー選手権(APRC)に参戦中

Co Driver:Naoki Kase(加勢 直毅)

2006年、2007年は寺岡オートドアラリーチームにチームマネージャーとして参加。 今年は選手としてチームに加わる。

【プロフィール】
生年月日
1971年1月24日
出身地
北海道
血液型
B型
趣味
カート、スキー

【ラリー戦歴】

1991
北海道にてラリーを始める
2000
全日本ラリー選手権 Bクラス コ・ドライバーチャンピオン獲得

2004年より鎌田卓麻選手とコンビを組み現在も参戦中

STAFF

チーム代表


吉田 毅
寺岡オートドア株式会社 取締役副社長

チーム監督


小泉 達雄
株式会社アストロノーツ 代表取締役
http://www.astronaut-jp.com/

マネージメント&プリペア


加勢 直毅
クオシス株式会社
http://www.quasys.co.jp/

チームマネージャー


木戸 達三

チーフメカニック


羽生 一国
プロリンクス 代表
http://www.prolinksnz.com/

メカニック


井口 直樹
プロリンクス

メカニック


梶原 けんじ
プロリンクス

CAMPAIGN GIRL

原本 直子 Naoko Haramoto

中島 芙美枝 Fumie Nakashima

REPORT

Day1 スペシャルステージ8本 90.48km

メロンの産地、夕張をメインにスペシャルステージが行われた。ラリー序盤、鎌田/加勢組は慎重に走り、ライバル達のペースと車の動きをつかむことに専念。サスペンションのセッティングを更に良いものにすべく、調整をしながらの走行。プロダクションカーラリー選手権(PWRC)7位で初日を終えた。トップとの差はわずか37秒。明日からの巻き返しに期待がかかる。


鎌田コメント
「久しぶりの右ハンドルなので少し控え目に走ったのですが、それでもトップとの差は大きくありませんでした。サスペンションのセッティングも決まってきたので、明日からは攻めた走りでいきます。」

Day2 スペシャルステージ10本 156.78km

千歳近郊に設けられたスペシャルステージは、昨日とは一転、ハイスピードのコースとなる。ハイスピードを得意とする鎌田はこの日最初からプッシュ。常にトップ5以内のタイムを刻み、順位を2つ上げ5位にポジションアップ。


鎌田コメント
「ロングステージ後半でエンジンパワーがなくなってしまったのは残念でしたが、今日は良い走りができました。新井選手も同じようなパワーダウンに見舞われたとのことでしたが、その様な状況下でもニューインプレッサは素晴らしいパフォーマンスを見せてくれました。明日もポジションアップを目指し、プッシュします。」

Day3 スペシャルステージ9本 96.43km

昨日に引き続き千歳近郊のステージ。雨の影響が残り超スリッピーなステージが続く。針の穴を通すようなドライビングが終始求められたこの日、鎌田/加勢組は最後までステージを攻め続けポジションをキープ。そして最終ステージではベストタイムをマークし見事5位でフィニッシュ。多くのクルーがトラブルに見舞われる中、ほぼノートラブルで完走を果たした。


鎌田コメント
「今日は本当にタフな1日でした。まるでアイスバーンを走るようなステージでしたが、速く、そして確実にポジションをキープすることに専念して走りました。ポデュウムには届きませんでしたが、私達にとってはポデュウム以上の結果だと思います。この場を与えてくださった小泉監督、そして寺岡オートドアラリーチーム、応援してくださった皆様に本当に感謝します。ありがとうございました。」

PHOTO

※クリックすると拡大表示されます。拡大表示の状態で、写真の右側をクリックすると、次の写真、左側をクリックすると前の写真が表示されます。